秋葉原周辺で安い外貨両替手数料で米ドル・ユーロ・人民元などを替えることができる

留学及び旅行の時に最大のネック・外貨両替手数料

「外貨両替の手数料が高すぎる!」

 

もし、手数料がなければ・・・
ちょっと高いディナーにも行けたのにと思ったことが何度あります。

 

そこで、格安で両替ができる方法がないかと調べました。
マネーパートナーズ(以下、マネパ)が手数料がほとんどなく両替できることが分かりました。

手数料、やっぱり高すぎる

空港なで外貨を円に、円を外貨に両替をします。
結果として、往復二倍の手数料を払っています。

 

仮にそのまま両替をして、1円も使わないで戻ってきても高い手数料を払う。
これをなんとか、したいと思っていました。

 

昔、留学をしていてクレジットカードや現金を利用をしていたら
10万以上の手数料を払っていて愕然としたことを記憶してます。

各両替方法と手数料比較

1000ドル両替のケース

 

1 銀行

手数料 2000円〜3000円程度

 

銀行を利用する人は多く、みずほ銀行やSMBC信託銀行が有名です。
一番手数料が高いのが銀行の特徴です。

 

急いでいる時には銀行を使うのが一番確実です。

 

 

2 旅行会社・チケットショップ

手数料 2000円程度

 

大黒屋のような金券ショップや旅行代理店が換金を行っています。
ただ、近くにない場合は出向く必要があり手間というのがあります。

 

また、外貨から円に両替する時は高い手数料を取ることでも有名です。

 

 

3 空港内・外貨宅配

手数料 3000円程度

 

ほとんどの人が利用するのが空港での両替。
確かに、渡航直前ということもあり便利です。

 

しかし、帰国及び出国時にこれを行うので手数料も高い。

 

 

4 FX会社(両替業務を行っている業者のみ)

手数料 50円程度

 

極端に安いと思われるでしょう。
しかし、もともと外貨取引が主要事業であるFX会社はこれが可能です。

 

こういったサービスを利用しない手はありません。

マネパなら空港受取が可能とクレジットカード代わりにできる

先程、ご紹介をしたマネパ。

 

マネパは主要通貨である下記は格安の手数料で両替をしてくれます。
米ドル・ユーロ・ポンド、スイスフラン・ウォン・中国人民元

 

受取空港
成田空港・羽田空港・関西国際空港(関空)・中部国際空港(セントレア)

 

 

しかし、マネパが本当に便利なのはマネパカードです。
マスターカードと同じように利用ができます。

 

カード内に外貨をチャージしておくことができます。

 

マネパへ入金 → 外貨へ両替 → マネパカードへチャージ
手数料が安くできます。

 

留学で例えば、子供にクレカを使い放題にしたくない人には便利です。
必要な金額だけ、マネパで両替して入れればいいのです。

 

旅行でももちろん便利。
現金をイチイチ持ち歩かなくても大丈夫です。

 

受け取る面倒がありません。

今なら、マネパカードは永年年会費無料

 

マネパは今、年会費無料でとりあえず作っておくということが可能です。
年一回しか旅行に行かない人でも作っておくと便利です。

 

特にリスクはありませんし、口座だけ保有をするというメリットは言うまでもありません。

 

後日作る時、ゴールデンウィークなど旅行シーズンにギリギリ申し込むと間に合わないこともあります。
今作るか、後日作るか考えると、今作っておく方が旅行時に扱いに慣れてスムーズに両替ができます。

 

 

 

秋葉原の外貨両替店舗一覧

Travelex Currency Exchange外貨両替専門店 トラベレックスジャパン 秋葉原店

住所
東京都千代田区 神田花岡町1?1 ヨドバシAkiba1階

 

三井住友銀行 秋葉原外貨両替コーナー

住所
東京都千代田区神田佐久間町1?6?5 アキバ トリム

 

外貨両替のインターバンク

住所
東京都千代田区神田松永町7 ヤマリビル